サッカー日本代表ご紹介

サッカー 日本代表 は、日本サッカー協会(JFA)に管理して、国際レベル試合に日本を代表しのサッカーチームです。

日本サッカー協会は1921年に設立され、1929年にFIFAに加入しました。 1992年のアジアカップ優勝以来、2000年のレバノンアジアカップ、2004年の中国カップ、2011年のカタールアジアカップで3度の優勝を果たしました。 日本チームはワールドカップを5回に参加しており、2002年の韓日ワールドカップと2010年の南アフリカワールドカップではトップ16を進入した。

日本代表最初の国際試合は、1917年に開催された第3回遠東大会でした。東京ノーマル・ハイスクールで構成された日本チームは、中国チームに0-5で負けました。 1934年の第10回遠東大会までに、中国と日本のサッカーチームは7回競争していたが、中国チームは6勝1勝で絶対優位を獲得した。 日本チームは1930年の第9回遠東大会で中国チームと3対3の得点を挙げ、最終的に中国と日本両方も優勝した。

昭和時代(1926)に入った後、日本の大学生を中心としたサッカーレベルは急速に高まっています。 1929年、日本サッカー協会が国際サッカー連盟に加入しました。 1936年、日本チームは初めてベルリンで開催されたオリンピックに参加し、欧州チームスウェーデン3:2を勝ちました。 第二次世界大戦の終結後、日本サッカー協会はFIFAに参加資格が失い、日本サッカーは大きく破損したが、1960年代になって徐々に回復した。

1964年にオリンピックが日本で初めて開催されました。日本は2017年8月31日にオーストラリアを2-0で勝ったが、2018年にはロシアワールドカップに進入した。

サッカー日本代表チームのユニフォームの主な色はブルーとホワイトで、日本代表ユニフォームは東京大学サッカーチームの色に由来したものです。日本代表チームは「ブルーサムライ」として世の中で知られています。ユニフォームのサプライヤーは「adidas」です~

サッカースター:

遠藤保仁、井原正巳、岡崎慎司、中澤佑二、中村俊輔

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です