おすすめ投稿

日本代表 2018 ユニフォーム ホーム 半袖 プレーヤー登場

サッカー 日本代表  2018 ロシアW杯カップ出場資格ができて、本当に誇らしげなニュースでしょうね~17年末には、サッカー 日本 代表 2018 ユニフォーム を公式発表されました。素晴らしいデザインを採用し、人々に印象深いですが、今、弊店は自由にマーキング可能の日本代表 2018 ユニフォーム ホーム 半袖 プレーヤー版も登場します。加工位置は背ネームプレート、背番号、胸番号です。加工サイズは背番号:25cm、胸番号:10cmです。胸番号は<背番号>で表示されている番号が入ります。自分が応援する選手のネーム、また自分のネームをマーキングすることができる。

下記のイメージ写真御覧ください~

日本シンボルであるディープブルーを意味する「勝色」を採用。伝統的な藍染めとジャパンブルーの原点に立ち返ることで日本の勝利をイメージ。デザインには歴史を防ぐ糸をイメージした「刺し子柄」を採用。今度のユニフォームシンボルなポイントは前面部分のホワイトストライプデザインですが、サッカー日本代表2018ロシアW杯カップへの期待と抱負を表現。初出場から20周年を迎えた節目の年を迎え、これまでの歴史を築いてきたあらゆる選手、スタッフ、サポーターの思いを防ぐ、ロシア大会へ挑むというメッセージを込めている。vネックデザインを採用し、ブルーとレッドを混じり合って、侍の着物の前合わせ部分をイメージした形状に、日の丸の赤を表現した「VICTORYRED(ビクトリーレッド)」カラーを採用。首元の内側には、過去5大会分のユニフォームの象徴的なデザインを組み合わせたロゴを配置。過去20年で積み重ねてきた歴史や経験を背負い、勝利をもぎ取る強い意志を表現。

自分所属のカスタマイズされたユニフォームを着て、日本代表を応援しょう~オーダーメイドもできる。

日本サッカー協会と日本代表が新ブランドロゴを公式発表!

日本サッカー協会(JFA)は、サッカー協会とすべて事業の新しいブランドロゴを正式に発表し、2005年の宣言で日本サッカー協会が提案した「2050年コミットメント」と「2030年目標」を実現するため確固たる一歩を踏み出しました。

JFAは、2016年3月にJFAのブランドロゴを発表しました。サッカー 日本代表 チームエンブレム、サッカー協会の各種ビジネス協会ロゴ、サッカー協会各種イベントロゴなど、ブランド革新プログラム残りの部分は全部公式発表されました。

詳細情報は次のビデオを御覧ください~

新しいブランドロゴデザインは、「常に正直な態度と公正な精神で未来に直面する」、「挑戦する勇気、成長と発展に情熱を注ぐ」に基づき、 「敬意、親しみやすく、信頼できる、安全」というイメージを作り出します。

サッカー 日本代表 チームの新しいブランドロゴは簡潔でパワフルな輪郭を描き、元のエンブレムデザインコンセプトを続き、底にソフトカーブも前続きです。 ブラックとゴールド2色で構成され、ゴールドはイェローから由来したものです。この2色は2005年の宣言で言及された日本サッカー協会の大きな目標と目標実現を象徴しています。

エンブレム下部にある新しいJFAロゴは、ウクライナ3脚のウイングを握っています。つまり、サッカー協会は代表チームの強固な基盤であり、常にチームをサポートしています。 真ん中の赤いバンドは不可欠で、日本チームの魂と情熱を象徴しています。 英語「JAPAN(日本)」もバッジに統合され、強力な全体を構成します。

日本サッカー協会のスタイルに合わせて、サッカー協会との接触が今後より緊密になることが強調されている。「SAMURAI BLUE」の新しいブランドカラーは、元の「サムライ」ではなく「JFAブルー」と定義されている。 ブルーは、将来の代表チームユニフォームの色をわずか調整しても、統一された安定したイメージを維持することができます。 ピンクはNADESHIKO JAPANを代表する色で、世界チャンピオンを優勝した素晴らしいチームを表現しています。

日本代表新ブランドロゴのシリーズグッヅお探したら、ぜひこちらへ~

 

 

サッカー日本代表ご紹介

サッカー 日本代表 は、日本サッカー協会(JFA)に管理して、国際レベル試合に日本を代表しのサッカーチームです。

日本サッカー協会は1921年に設立され、1929年にFIFAに加入しました。 1992年のアジアカップ優勝以来、2000年のレバノンアジアカップ、2004年の中国カップ、2011年のカタールアジアカップで3度の優勝を果たしました。 日本チームはワールドカップを5回に参加しており、2002年の韓日ワールドカップと2010年の南アフリカワールドカップではトップ16を進入した。

日本代表最初の国際試合は、1917年に開催された第3回遠東大会でした。東京ノーマル・ハイスクールで構成された日本チームは、中国チームに0-5で負けました。 1934年の第10回遠東大会までに、中国と日本のサッカーチームは7回競争していたが、中国チームは6勝1勝で絶対優位を獲得した。 日本チームは1930年の第9回遠東大会で中国チームと3対3の得点を挙げ、最終的に中国と日本両方も優勝した。

昭和時代(1926)に入った後、日本の大学生を中心としたサッカーレベルは急速に高まっています。 1929年、日本サッカー協会が国際サッカー連盟に加入しました。 1936年、日本チームは初めてベルリンで開催されたオリンピックに参加し、欧州チームスウェーデン3:2を勝ちました。 第二次世界大戦の終結後、日本サッカー協会はFIFAに参加資格が失い、日本サッカーは大きく破損したが、1960年代になって徐々に回復した。

1964年にオリンピックが日本で初めて開催されました。日本は2017年8月31日にオーストラリアを2-0で勝ったが、2018年にはロシアワールドカップに進入した。

サッカー日本代表チームのユニフォームの主な色はブルーとホワイトで、日本代表ユニフォームは東京大学サッカーチームの色に由来したものです。日本代表チームは「ブルーサムライ」として世の中で知られています。ユニフォームのサプライヤーは「adidas」です~

サッカースター:

遠藤保仁、井原正巳、岡崎慎司、中澤佑二、中村俊輔